トップへ ウイズ矯正歯科御案内 矯正治療の流れと費用 矯正治療Q&A 矯正装置と緊急事態 初めての方へ 
メンバー 診療カレンダーと予約 求人情報 新着情報 With Plaza メール矯正相談
矯正治療の流れと費用のお知らせ
その患者さんの現在の状態と不正咬合の原因、必要な治療と装置、期間、料金、治療を始める前の注意事項についてお話し致します。この時には相談料などの費用は一切かかりません。詳しくは、「初めての方へ」をごらん下さい。
治療することに本人とご両親の了解が得られたら精密検査を行います。この際、検査料が30,000円かかります。ただし、治療開始後のすべての検査料が含まれています。顎関節症などの症状があり、顎関節の精密検査が必要な場合には別途15.000円が追加になります。
精密検査の結果に基づいて、現在の状態と治療の目標、使用する装置などの治療方法、治療期間、料金などについてお話しします。この内容は治療計画書として印刷してお渡しいたします。この際、診断料15,000円がかかります。
いよいよ装置を装着して治療を開始します。治療に対する意志を確認して装置製作の準備にとりかかります。装置の装着までに装置・技術料(35万〜70万)をいただきます。毎回の調整・処置料(4,000円・5000円)がここからかかります。通院はおおむね月に1回または3週に一度です。
永久歯と乳歯が混じって生えている小学校2年生くらいから開始する、これ以上悪くしない治療です。あごの骨格に問題のある場合や新しく生えて来た永久歯のせいでうまく咬めない場合、悪い癖がある場合にはこの治療が必要です。
永久歯の生え替わりは順調か?治療したあごの位置や悪い癖がまた再発していないかを観察します。この期間は3〜4ヶ月に1回の通院となり、料金は観察料3,000円となります。
いよいよ全部の歯にマルチブラケットと呼ばれる装置をつけて治療を開始します。調整 ・処置料は(5,000円)になります。通院は月に1回または3週に一度となります。 大人になってから治療を開始する場合や抑制矯正治療の必要でない方はこの本格矯正治療から開始します。
矯正装置によって歯の移動が終了したら、歯の移動のための装置をはずして、新しい歯の位置を確実にするためにリテーナーと呼ばれる保定装置を使用します。この際、保定装置料(30,000円)をいただきます。おおむね3ヵ月に1回の通院で 約2〜3年間観察します。料金は観察料3,000円となります。
おめでとうございます。矯正治療の完了です。
 この時点では就寝時のみのリテーナーの装着でもきつくなるなどの違和感がなくなっているはずです。動的治療から2〜3年保定を行い、最終の検査データーを採得して、その後は半年から年に一度の観察となり、この期間には保定装置の紛失や破損がない限りは観察料もかからなくなります。ここを目指してガンバリましょう!!
費用のまとめ
・現在のところ一部の先天的な異常をもつ方を除いて保険はききません
・このため、矯正料金は
総額で70〜90万円程度です。
・この中には、装置料・技術料としていただく55万円または65万円と毎回いただく処置料の3000円
 から5000円、そして検査料の30000円が含まれています。
・検査料の30000円は初診時のみのお支払いで、治療途中や治療終了後に精密検査を精密検査を
 行った場合でも
その都度かかりません。
・検査を行ったら、次回に診断しますが、この際、診断料の15,000円をいただきます。
・装置料・擬実料は大きなお金がかかりますが
装置の種類や使用した数などで変更しておりません
 つまり、治療内容に対する出来高制にはなっておりません。従って、初診時にこの大きなお金を
 納入後、
治療途中で装置料の追加や変更はいっさいありません。当院の装置料・技術料は請負制
 です。
装置料・技術料は症状によって変更しません。これは、患者様各個人の症状は千差万別であるため、
 一人一人の症状に値段をつけるのは非常に難しいものがあります。このため、この大きな費用は
 固定制として、それ以外に御来院ごとに処置料・調整料(3000円から5000円)をいただいて、
 来院の回数によって治療費の総額が上下するように設定しております。
・ただし、
歯の移動を終了した後の保定装置料は別に(30,000円)いただきます。これは、保定装置
 に対して大変熱心に大切に使用していただける方と頻繁に破損してきたり紛失する患者様の差が
 非常に大きいためです。破損や紛失の多い方にはその分を負担していただかないと不公平に
 なるからです。この費用を導入することで皆様が保定装置を大切にしていただける事をスタッフ
 一同願っております。