ヘッドギアー(ハイプルタイプ)後頭部の帽子状の固定具
 装置の目的
・この装置は上下のあごの位置のコントロール、上の奥歯の後退、さらにマルチブラケット治療中の奥歯の固定に使用される「かぶる」装置です。子供の場合は小学校低学年から使用する場合もあります。さらに全体の歯並びを治す際に、上の前歯を最大限後退する必要のある患者様にはマルチブラケットと併用されることが多い装置です。従って、当院では患者様の同意があれば大人でも使用する場合がります。見た目は良いとは言えませんが、その効果は一生懸命に使っていただければ非常に高いものがあります。症状によっては、初診時には歯を抜いて治さなければならないほど症状の重い方でも、この装置により歯を抜かないで治療できる場合もあり、見た目や装着感などの欠点に勝る効果を持った装置です。
 装置の仕組みと使用方法
・ヘッドギアーは上の奥歯に装着してスプリングの力を伝えるフェースボーと頭にかぶる部分のヘッドキャップとスプリングからできています。口の中には上の奥歯に体に害のない歯科専用の接着材で装着された金属製のバンドと左右のバンドを接続するパラタルバーが装着されています。この口の中の装置は自分で取り外すことはできません。しかし、フェースボーとキャップの部分は取り外す事ができます。
・フェースボーは装着する時には必ず、左右とも口の中に入れて、上の奥歯と前歯を結ぶ線と平行に構えてください。片方がチューブに入るとその反対側も、だいたいちょうど良い位置に来るように調節してあります。後は指でインナーボーの部分をやや内側へ押し込む様にしてチューブの中に入れてください。
・フェースボーを奥歯からはずす時に、乱暴に扱うとバンドが歯から外れてしまうので、丁寧に真っ直ぐに前方へ引き抜いてください。
・14時間きちんとやらないとなかなか効果があがりません。最低12時間以上は使用しましょう。
学校や塾、習いものに行く時や友達が家に遊びに来た時には外してもかまいません。しかし、それ以外で、家にいる時にはこまめに使用してください。また、食事時の時やお風呂に入る時、歯を磨く時にもはずしてください。
<