マルチブラケット
 装置の目的
・この装置はおのおのの歯をワイヤーで連結して、3次元的に歯の移動を行う装置です。ほとんどの永久歯が生えそろう小学校6年生以降ですべての永久歯を対象としています。矯正治療を言えば、ほとんどの人が思い浮かべあの装置です。矯正治療を行う患者様ではほとんどの方が使用する装置です。
 装置の仕組みと使用方法
・マルチブラケットは歯一本一本に体に害のない歯科専用の接着材で装着された金属製または合成樹脂性のブラケットと金属製のバンド、そのバンドに溶接されたチューブ、そして取り替え自由な歯を移動するための矯正線(ワイヤー)、このブラケットとワイヤーを固定するための結紮線(けっさつせん:リガチャーワイヤー)からできています。この装置は自分で取り外すことのできるものはありません。
・上記の装置に歯を移動するためのゴム(パワーチェ−ンやパワースレッド)やコイルスプリングが必要に応じてオプションとして追加されています。
・最も奥の歯はブラケットではなくチューブになっており、このチューブの後ろ側から出ているワイヤーをエンドと言います。この部分は周囲の歯茎や口腔粘膜を刺激しないように歯茎側へしっかりと曲げてあります。
 注意事項
・歯磨きに注意してください。この装置を歯に装着すると、装着していなかった時より歯が磨きずらくなります。最初に矯正装置を装着している人専用の中央部が山形になったハブラシをお渡しします。このハブラシで、ワイヤーの上下に分けて、毛先をワイヤーの下に入れるように一本一本丁寧に磨いてください。

・歯を磨く時に歯磨き剤を使用すると口の中がすぐに泡だらけになって、磨けているかどうか確認しずらくなりますので、最初は使用しないでください。鏡できちんと磨けているかどうか確認しながら磨きましょう。一通り磨けたら、あとは歯磨き剤をつけて普通通りに磨いてかまいません。

・マルチブラケットに最初に装着するワイヤーは、あまり痛くならないように、非常に弱い力(50gから150g程度)の細くて弾力性のある柔らかいものを使用しています。しかし、ワイヤーを装着した日から子供で2〜3日、大人では4〜5日の間、最初は歯が浮いた感じがして、数時間後から咬むと歯が痛くなります。これは、歯の移動が開始する時の痛みなので異常なものではありません。数日間は特に食事の時に痛いので、普通の食事ができなくなります。この間はお粥やうどん、トーフやプリンなどあまり咬まなくても良い食物を選んで少しの間ガマンしてください。この歯が動き始める時の痛みは我々に治す事はできません。しかし、ある日、突然痛みが消えて行くのがわかると思います。大人の方でも1週間以上痛みが続くことはありませんので、安心してください。

・食事の時に痛みななくなると、色々な物が食べたくなります。しかし、固く大きなセンベイをガリッと咬んだり、大きくて厚い肉をかみ切ったり、豆などのお菓子類を不用意に食べると、ブラケットが歯から外れてしまいます。指でさわるとブラケットがワイヤーの上を左右に動くのでわかります。痛みななくなったら、食べ物に充分注意してください。もし、ブラケットが外れてしまったら、なるべく早く修理に来院してください。放置するとはずれた歯が元も位置に戻ってしまいます。

・歯とブラケットを固定するリガチャーワイヤーやオプションのパワーチェーンなどのゴム類、スプリングなどが外れてします場合があります。この場合には、次回の来院までに歯が動かないので、なるべく早く修理に来院してください。

・装置を装着したばかりの時はデコボコの歯並びに沿って、ワイヤーもかなり曲がりくねって装着されています。この時、エンドのワイヤーは歯茎側にしっかりと曲げられていますが、歯の移動によって歯並びが真っ直ぐになってくると、この曲がりくねったワイヤーも真っ直ぐに伸びてきます。この余ったワイヤーがエンドから後方へ出てくるわけです。従って、最初はしっかり曲げられていたエンドも、徐々に後方へ伸びて、時々エンドが頬粘膜に当たってチイチクしてくる事があります。この場合にはエンドを切って曲げなおしますので来院してください。

・ブラケットを装着したばかりの時には非常に柔らかいワイヤーが入っています。この時、抜歯した部位や歯にワイヤーを固定していない部分が咬むたびに揺れてしまう事があります。これを繰り返していると、金属の疲労によって、ワイヤーが折れてしまう事があります。これは常に同じ部位を繰り返し曲げることによるもので、金属の性質なので防ぎようがありません。ワイヤーの装着後はできるだけ指でワイヤーを揺らしたり、大きく固い食物でワイヤーが揺れないように注意してください。
 緊急事態

 
ワイヤーはエンドから脱出したり、折れてしまった場合
  最初の柔らかく弾力性のあるワイヤーは、強い力を受けると変形してエンドがチューブから抜けてしまう場合があります。また、ワイヤーが折れてしまう場合もあります。この場合はすぐに来院してください。どうしても来院できない場合や当院が休診の場合は市販のラジオペンチなどでワイヤーをつかんで、元のチューブに入れたり、痛い部分を切ることのできる場合もあります。最悪の場合はワイヤーを切断せざる得ませんが、余計に痛くなることもあり、あまりお勧めしません。

 
奥歯のバンドが浮き上がった感じがしたりカタカタ動く、奥歯の歯茎が痛いような気がする時